くらし情報『挨拶だけでもOK!? 気になる彼への“とっておきの一言”』

2019年2月10日 19:30

挨拶だけでもOK!? 気になる彼への“とっておきの一言”

書き言葉とは違い、話し言葉は、いわば一発勝負。うまく伝わらなかったことや、とっさに言葉が出てこなかったことなど、誰にでも後悔した経験があるのでは?
元NHKアナウンサーの合田敏行さんは、まず、自分の話し方を知るためにスマホで録音してみることをすすめる。「テーマを決めて30秒くらいで話し、録音を聞いてみましょう。自分で嫌だなと思ったところを直していけばいいのです」

また、プレゼンでの話し方を提案して話題の本『1分で話せ』の著者・伊藤羊一さんによれば、伝えるというより、“伝わっている”ことが大事だという。自分が話したいように話すのではなくて、いつも相手の気持ちを考えること。そして、できるだけ短いセンテンスで、結論を先に言う。「そのために、どんなことも1分で話すトレーニングが有効です。1分で伝わらない話は、1時間かけても伝わらないはず」

プライベートで経験しがちな、具体的な後悔エピソードから、伝わる話し方の秘訣を学んでいこう。
後悔1結婚式の友人代表スピーチ。事前に原稿を書いてきちんと読んだけれど、反応が薄い…かといってアドリブも上手にできそうにないです。
問題点:ずっと原稿ばかり見てしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.