くらし情報『不調のキアヌ・リーブス“復活作は『ジョン・ウィック』 続編も決定!』

2015年10月20日 12:00

不調のキアヌ・リーブス“復活作は『ジョン・ウィック』 続編も決定!

彼はまた暗殺者ソサエティの存在といったディテールまでしっかりと作り込んでいて、独創的な世界観を持つ才人なのも一目瞭然。キアヌを取り巻く役者陣も通好みがズラリ。ジョンのメンターだった同業者マーカス役でウィレム・デフォーが渋く登場したかと思うと、暗殺者業界の帝王役でイアン・マクシェーンが本当に一瞬だけ姿を見せる。愛妻を演じるブリジット・モイナハンも、ジョンが回想する病床シーンと彼が繰り返し見るスマホのビデオ映像に登場するだけで、クレジットを見るまで「もしや彼女?」と思うだけ。なんて贅沢!そうそう、絵に描いたようなバカ息子はTVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオン役で世界中から嫌われているアルフィー・アレンで、犬殺しの汚名が加わった本作で憎まれ役路線に拍車がかかった。

暴力的な人間じゃなくてもジョンの行動に賛同し、邪悪な人間が抹殺されるのに爽快感を感じまくりの101分。続編製作決定で面白さは保証済み。見逃したらもったいない!

◇監督/チャド・スタエルスキ出演/キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン、ウィレム・デフォーイアン・マクシェーンほか10月16日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.