くらし情報『「勘違いしちゃったんでしょうね」バレー・高橋健太郎が過去告白』

2019年2月17日 19:00

「勘違いしちゃったんでしょうね」バレー・高橋健太郎が過去告白

日本を代表するアスリートたちの鍛え上げられたカラダの秘密とは。大きなケガから待望の復帰を果たした高橋健太郎選手(※「高」は「はしごだか」)。東レアローズのコートには、挫折を経て、自分の体に真摯に向き合う姿がありました。自分の体に責任を持ち、ケガしない肉体に
「勘違いしちゃったんでしょうね」バレー・高橋健太郎が過去告白


ミドルブロッカーの高橋健太郎選手から繰り出される、とてつもなく高く力強いスパイク。そのパワーの源は、ブロックでも必要とされる発達した広背筋。そこは、自分でも自信のある部位だそう。肉体作りで難しいのが、筋肉を大きくしすぎてはいけない点。

「もともと筋トレが好きで大学時代に肥大させてしまい、東レアローズに入部した頃は110kgありました。そこから1年以上かけて93kgまで絞ったんです。体が軽くなり、跳ぶ感覚が全然違います」

’18年は日本代表に選ばれたものの、肩のケガで代表チームを離脱。手術をして、3か月プレーできず、ツラい期間を過ごした。

「今はケガをしないように肩の三角筋と上腕三頭筋を強化中です」
「勘違いしちゃったんでしょうね」バレー・高橋健太郎が過去告白


2m超えの高身長に甘いルックス。実は、大学時代、アバクロのモデルにスカウトされた経験が。

「買い物してたら、次々に服を着させられて『お似合いですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.