くらし情報『安田顕「いま思い出しても涙が出る」忘れられない瞬間とは?』

2019年2月21日 20:40

安田顕「いま思い出しても涙が出る」忘れられない瞬間とは?

人生において、いつかは訪れる大切な人との別れ。悲しみだけではないあらゆる感情に心を揺さぶられるものですが、突然病に襲われる母親との最後の日々を描いた人気エッセイ漫画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が映画化され、話題となっています。そこで、主人公であるサトシを演じたこちらの方にお話を伺ってきました。それは……。
写真・大嶋千尋(安田顕)

カメレオン俳優として人気の安田顕さん!

目次

・カメレオン俳優として人気の安田顕さん!
・母親とは男にとって絶対的な味方
・これこそが役者の仕事だと感じた
・最近感動したおいしい料理とは?
・自分のペースで行くことが大事
・インタビューを終えてみて……。
・それぞれの“愛のかたち”に胸が揺さぶられる!
・ストーリー
・愛おしい予告編はこちら!
・作品情報
安田顕「いま思い出しても涙が出る」忘れられない瞬間とは?


【映画、ときどき私】 vol. 217

映画やドラマなど、作品ごとに見せるさまざまな表情で観客を魅了し、幅広い役で唯一無二の存在感を放ち続けている安田さん。本作は実話ということで、現在マンガ家として活躍中の宮川サトシさんの役を熱演しています。そこで今回は、現場でのエピソードから原動力まで、たっぷりと語っていただきました。

―最初に原作を読まれたときはどのような印象を受けましたか?

安田さん
親の死というものは必ず訪れるものですが、作者である宮川さんの視点がすごく独特でユーモアにあふれていると感じました。悲しい出来事ではあるけれど、クスっと笑えるところもある。でも、そのなかにこそ人の気持ちの真実があるので、涙腺がジワっと緩むステキな作品だと思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.