くらし情報『“顔もの”に夢中! 部屋に「かわいいもの」を潜ませるワザ』

2019年3月1日 19:30

“顔もの”に夢中! 部屋に「かわいいもの」を潜ませるワザ

足で蹴って回す昔ながらの蹴轆轤(けろくろ)を使い、一点ずつ丁寧に成型してつくるため、顔や模様はひとつずつ異なる。背面の吹き口に息を吹き込むとホーッと音が鳴る仕様。H約8cm ¥2,800~

キャンドル¥3,800(niko and … TOKYO TEL:03・5778・3304)Joe Sayeghのプレート¥5,000(リビング・モティーフTEL:03・3587・2784)ブレスレット¥10,000(イデーショップ 自由が丘店TEL:03・5701・7555)洋書『KEEP CALM AND CAST ON』¥1,320(ビブリオファイルTEL:03・3582・2702)
[カール・オーボック]Sculpture man with Stick
Playmountain
“顔もの”に夢中! 部屋に「かわいいもの」を潜ませるワザ


オーストリアのモダニズムに大きな影響を及ぼした彫刻家で画家でデザイナーのカール・オーボック。1926年に始まったオーボック工房では、今も金属工芸を中心とした作品がつくられている。ステッキを持った男性の彫像オブジェは真鍮製。バウハウスの造形をイメージさせるモダンな姿でありながら、愛嬌も感じられる佇まい。なぜか目が離せない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.