くらし情報『「モノは対角線を意識して配置」 “頑張りすぎない”棚作りを伝授 』

2019年3月4日 19:00

「モノは対角線を意識して配置」 “頑張りすぎない”棚作りを伝授 

「オンラインで買えるアイテムを使って収納&整理するだけでなく、モノの並べ方やととのえ方も大切です」

そう話すのはインテリアスタイリスト・作原文子さん。新しい“ととのえ術”を教えてもらいました。

「モノは対角線を意識して配置」 “頑張りすぎない”棚作りを伝授 


「ととのえ」のキホンは棚。気持ちよくモノを並べるには、大きなルールを2つ覚えておきたい。

まずは「こまごましたものは透明な瓶やカゴにしまう」。モノが多い場合はこれだけでもだいぶすっきりするはずだ。もうひとつは「モノは対角線を意識して配置する」。同じ色/同じ形のものは、横並びや縦並びではなくジグザグになるように配置する。たとえば四角いトースターを棚の右端に置いたら、次の段の四角いカゴは左端に置き、さらに下の段では四角いラックを棚の右半分に寄せる…という具合。このルールによって棚の中にリズムが生まれ、見た目も美しくととのう。覚えておくと棚づくりが上手になる対角線ルール、ぜひ試してみて。

ステンレスユニットシェルフ
無印良品ネットストア

使い勝手やスペースに合わせて棚の数やパーツのサイズを選べる組立式シェルフ。棚の前面だけでなく左右側面にもクリップやS字フックなどを掛けられるデザインが秀逸で、収納量もぐんと増える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.