くらし情報『アポ電、オレオレ詐欺に匹敵…20~30代を狙う「しつこい勧誘の断り方」』

2019年3月8日 18:30

アポ電、オレオレ詐欺に匹敵…20~30代を狙う「しつこい勧誘の断り方」

アポ電による高齢者の金銭を狙った悪質な犯行が相次いでいます。ですが、狙われているのはお年寄りだけとは限りません。anan世代は「勧誘」で嫌な目に遭った人も多いことでしょう。そこで、みなさんがどのように勧誘を断っているのか、女性200人に調査してみました。なかなか断れない、嫌な気持ちになる、友人関係にヒビが入った……など、勧誘にうんざりしている人は必見です!

文・西田彩花

目次

・仲が良い友達だと言いにくい…勧誘で困ったエピソード
・相手ためにもハッキリ伝える! うまく断れた勧誘エピソード
・やっぱりつらい! 営業経験者の本音


【アンアン総研リサーチ】

仲が良い友達だと言いにくい…勧誘で困ったエピソード

アポ電、オレオレ詐欺に匹敵…20~30代を狙う「しつこい勧誘の断り方」


Q.勧誘、どちらかというとハッキリ断れるタイプですか?
・はい 80%
・いいえ 20%

まずこの質問をしてみたところ、80%がハッキリ断れると回答。半々にわかれるかと予想していたので、意外な結果でした。

しかし、やはり困ったエピソードもあるようです。

「知人の招待で行ったサロンで、会員登録の勧誘をされたときは少し困りました。言葉をすごく選びました……」(30歳・会社員)
「とても仲が良い、大学からの友人。私と夫に会いたいと言われたので3人で会ってみたら、ネットワークビジネスでした。ネットワークビジネスだよと言っても本人は否定して、仲が良いので縁も切れずとても困りました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.