くらし情報『一族の因縁に巻き込まれ…新鋭作家が描く、庭を巡る異世界ファンタジーコミック』

2019年3月18日 19:00

一族の因縁に巻き込まれ…新鋭作家が描く、庭を巡る異世界ファンタジーコミック

美しき庭に眠る不思議な力をめぐる“作庭師”たちの幻想譚。由紀円香さん『作庭師の一族』2とは?
一族の因縁に巻き込まれ…新鋭作家が描く、庭を巡る異世界ファンタジーコミック


「もともと庭という空間になんとなく惹かれていて、物語性を感じていたんです。その直感はわりと当たっていて、本当に物語を考えて庭が構成されていたりとか、水の流れが近くにある大きな川の流れと同じになっていたりとか、小さな世界が庭のなかに造られていることを知り、マンガにしてみたいと思いました」

本作で登場する作庭師とは、簡単に説明すると、不思議な力で庭の管理をする職業、というか存在のこと。

「私は京都に住んでいるのですが、歴史のある庭は方位などを重視していて、陰陽五行の影響も受けているらしいのです。陰陽師って調べてみると、ひとりでやっていたとは思えないほどの仕事量で、実はそれが分業制で土地方面の専門家がいたとしたら…というのが作庭師なんです」

物語は、朝日名家に代々伝わる庭を、夜鶴来(よつるぎ)おぼろという作庭師が修繕に来るところから幕を開ける。この家に暮らす女子高生のひなたは、おぼろと出会うことで、朝日名と夜鶴来というふたつの作庭師の一族の因縁に巻き込まれていく。

「おぼろはいかにも作庭師然としていますが、自我が確立されないまま重いものを背負ってしまった人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.