くらし情報『QUEENが手作りポップコーンを配っていた!? 胸熱エピソード5選』

2019年4月1日 19:00

QUEENが手作りポップコーンを配っていた!? 胸熱エピソード5選

QUEENにまつわるよもやま話を、新旧織り交ぜて集めてみました!20代の彼らは“かわいい”の宝庫!!時を超えてキュンとする…胸熱エピソードを紹介します。

結成当時ライブに来てくれたお客さんに、手作りのポップコーンとりんごジュースを配っていた…。
‘70年8月、ブライアンの母校インペリアル・カレッジでのギグで、フレディが自宅で作ったポップコーンの包みと、アップルジュースが、また‘71年7月、同じ場所で開かれたライブでは、今度はブライアンが自宅で作ったポップコーンが無料で振る舞われたそう。メンバーが自らポップコーンを作る姿を想像するとたまりません

売れる前、狭いフラットで共同生活しながら、フレディとロジャーは仲良く古着屋を経営。
QUEENが手作りポップコーンを配っていた!? 胸熱エピソード5選


結成前から仲良しだった2人は、‘69年からケンジントン・マーケットでショップ経営を開始。初期はフレディが描いた絵などを売ってみたものの売れず、その後古着を扱うアンティークショップに鞍替え。フレディの私物のジャケットをロジャーが間違って販売し、フレ様激怒、なんてこともあったとか!!写真はロジャーのインスタより。©ROGERTAYLOROFFICIAL

衣装やメイクにも並々ならぬこだわりが。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.