くらし情報『桜田通が、「ひとりにしないで」とお願いした相手とは!?』

2019年4月3日 18:30

桜田通が、「ひとりにしないで」とお願いした相手とは!?

今回、ご紹介する作品は、20代の揺れる心を描いた音楽青春映画『ラ』。ボーカルを務めたバンドの再結成を目指し、失われた友情を取り戻すために奮闘する主人公・慎平を熱演した桜田通さんにお話を伺いました。

写真・角戸菜摘 文・田嶋真理 スタイリスト・柴田 圭(ZEN creative)ヘアメイク・横山雷志郎(Yolken)

目次

・演技でも音楽でも存在感を発揮する表現者
・Information


【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 34

演技でも音楽でも存在感を発揮する表現者

桜田通が、「ひとりにしないで」とお願いした相手とは!?


赤ちゃんの産声、オーケストラのチューニング音、国際基準周波数……実はこれらはすべて「ラ」の音。人間にとって「ラ」は、始まりの音といっても過言ではありません。その「ラ」をタイトルに冠した本作のテーマは、始まり、生まれ変わり。主人公の岡浜慎平は、恋人・ゆかりの家で生活を送るヒモ男。解散したバンド「LACTIC ACID」の再結成に向けて奔走するうちに、恋人や元メンバーたちとの関係が変化していくさまが描かれています。

慎平を演じたのは、連続ドラマ『パーフェクトクライム』の好演が記憶に新しく、映画『EVEN~君に贈る歌~』では主演バンドのメインボーカル役を務め、劇中バンドにてメジャーデビューを果たすなど、幅広い活動をする桜田通さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.