くらし情報『ろう者が手話でラップも…「障害者の孤独」を伝える新エンタメの可能性』

2019年4月12日 19:10

ろう者が手話でラップも…「障害者の孤独」を伝える新エンタメの可能性

HIPHOPと福祉がコラボする新しいエンタメが見られるとの情報をananweb編集部がキャッチ! 東京タワー内の特設ステージで開かれた注目のイベントに行ってきました!

写真:橋本美花

目次

・春の東京タワーで開催!
・HIPHOP×福祉がかっこいい~!
・ラッパーの晋平太さん、登場!
・ラップを手話で翻訳!
・出演者のみなさんに直撃!
・社長さんにも直撃!



春の東京タワーで開催!

ろう者が手話でラップも…「障害者の孤独」を伝える新エンタメの可能性


今回訪れたイベントは、「世界自閉症啓発デー 2019」の「東京タワーブルーイベント2019」。毎年4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」。自閉症をはじめとする発達障害について広く知ってもらうため、イベントやシンポジウムが開かれています。

会場では自閉症を疑似的に体験できるブースが出ていたり、ステージで楽団が演奏したりと、プログラムもさまざま。老若男女問わず多くの人たちが参加しています。

HIPHOP×福祉がかっこいい~!

ろう者が手話でラップも…「障害者の孤独」を伝える新エンタメの可能性


そんなイベントの終盤、ananwebが注目する「HIPHOP×福祉のカルチャー」のステージがはじまりました!

ろう者が手話でラップも…「障害者の孤独」を伝える新エンタメの可能性


まずは、パフォーマンスチーム「SOCIAL WORKEEERZ」のみなさんが登場。ステージではヒップホップの曲が流れ、クールなダンスが披露されました!

ラッパーの晋平太さん、登場!

続いて、人気ラッパーの晋平太さんが登場です!

ろう者が手話でラップも…「障害者の孤独」を伝える新エンタメの可能性


晋平太さんは、ラッパー同士が対決するMCバトル大会にて数多くのタイトルを手にしてきたフリースタイルラップの王者。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.