くらし情報『広末涼子が感動作『はなちゃんのみそ汁』で涙をみせなかった理由』

2015年11月5日 08:00

広末涼子が感動作『はなちゃんのみそ汁』で涙をみせなかった理由

ひろすえ・りょうこ1980年7月18日生まれ。高知県出身。デビューは1995年。『鉄道員』『おくりびと』『ゼロの焦点』など、数々の映画に出演。主演を務めるのは2013年の映画『桜、ふたたびの加奈子』以来、約2年半ぶりとなる。

ひろすえ・りょうこ1980年7月18日生まれ。高知県出身。デビューは1995年。『鉄道員』『おくりびと』『ゼロの焦点』など、数々の映画に出演。主演を務めるのは2013年の映画『桜、ふたたびの加奈子』以来、約2年半ぶりとなる。

ブログからドラマにもなった、感情を揺さぶられるテーマの映画『はなちゃんのみそ汁』。女性の強さや深さを表現するためになるべく涙は見せたくなかったという、主演・広末涼子さんの思いとは?

* **

「とても難しいテーマですし、実際にあったお話なので結末もわかっていたのですが、最初から自分の中で変わらなかったのが“ただの辛い闘病記にはしたくない”ということでした。

映画として楽しめること、そして生きることの素晴らしさが伝わる作品にしたくて、この役を明るく演じ切ろうと決めました。なので、悲しいだけじゃなく、“笑って泣ける”作品になっていると思います」

とはいえ、撮影中にはどうしても感情が抑えきれず、涙が溢れそうになったこともあったそう。

「そんな時はすごく反省しました。がんが再発しても、常に笑顔を大切にしていた千恵さんのことを思うと、自分が泣いている場合じゃないなって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.