くらし情報『「奇跡!」と学芸員絶賛…シンプルな銀器に隠された革新的な秘密』

2019年5月18日 10:30

「奇跡!」と学芸員絶賛…シンプルな銀器に隠された革新的な秘密

※ジョルジョ・モランディ(1890-1964)は、瓶などをモチーフにした静謐な絵を描いたことで知られるイタリアの画家。

「奇跡!」と学芸員絶賛…シンプルな銀器に隠された革新的な秘密


――こちらの作品も、かなり現代的なデザインですね。

本橋さん右側にあるのは、軍用のトラベルセットで、組み立ててコンパクトにできるようになっています。多機能的で、バウハウス(※)を100年先取りしていたのですね。モダンデザインというのは20世紀に入ってからの発想と思っていたのですが、この時代からあったというのが驚きです。

※バウハウスは、1919年にワイマール共和国に創設された総合造形学校。近代建築やデザイン、絵画などに大きな影響を与えた。

最後はクリムト!

――最後のおすすめ作品をお願いします。

本橋さん最後は、クリムトの絵画をご紹介します。クリムトは、「キュンストラーハウス」という伝統的で保守的な芸術団体にいたのですが、脱退して、1897年に「ウィーン分離派」を結成します。自分たちで新しい芸術をつくりたいという思いで立ち上げました。

「奇跡!」と学芸員絶賛…シンプルな銀器に隠された革新的な秘密


本橋さんこの作品は、1898年に建てられた分離派会館に展示する絵として特別に描かれました。自分たちの新しい指針を示すのに適した寓意像で(戦いの女神である)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.