くらし情報『ASTRO キャッチフレーズがまさかの「岩人間」になったメンバーは?』

2019年5月21日 11:10

ASTRO キャッチフレーズがまさかの「岩人間」になったメンバーは?

今年、韓国の音楽番組で念願の1位を獲得。4月には日本デビューも果たし、勢いに乗るK-POPグループ「ASTRO」が、anan本誌に待望の初登場!それぞれのユニークなキャッチフレーズを、和気あいあいと考えてくれました。
ASTRO キャッチフレーズがまさかの「岩人間」になったメンバーは?


――日本デビューの知らせを聞いた時の心境から教えてください。

ユンサナ(以下、サナ):ついに僕たちも日本でデビューできることが素直に嬉しかったです。

チャウヌ(以下、ウヌ):嬉しさや期待だけじゃなく、’16年に韓国でデビューした時の気持ちに戻ったようで、緊張もありました。

――日本デビュー作となるミニアルバム『Venus』の楽曲を聴いて、どんな印象でしたか?

MJ:韓国でのデビュー当初、ASTROは今より明るいイメージでした。成長に合わせて曲も大人っぽく変わっていったんですが、『Venus』からは、その当時のような明るさを感じました。

ウヌ:どんな曲をいただけるのか楽しみにしていて、聴いてすぐに「花咲ケミライ」にエネルギーを感じました。「この曲がリード曲になるといいね」って皆で話してたら、実際そうなって。とても嬉しかったです。

ムンビン:「II愛してる」は聞き慣れないリズムだったので、最初は歌うのが難しそうと思ったんですが、楽しくレコーディングできて、結果、僕の好きな曲になりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.