くらし情報『大人の“初恋”に胸がキュンッ 『はじめてのひと』に共感する理由』

2019年5月21日 19:00

大人の“初恋”に胸がキュンッ 『はじめてのひと』に共感する理由

「大人になってからもいろんな“はじめて”は起こり続けるんだ、と気づきまして。嬉しいことも、そうでないことも、胸を揺さぶられる“はじめて”には、その出来事を通して自分が少しずつ育ってゆく前向きな響きがあるように感じたんです」

大人の女性に訪れる“はじめて”に切なさが止まらない!
大人の“初恋”に胸がキュンッ 『はじめてのひと』に共感する理由


大人の女性が出逢う“はじめて”をテーマにした連作集を描こうと思ったきっかけを、谷川史子さんはこう語る。たしかに年齢を重ねて、わかったつもりになっていても、“はじめて”は思いがけないところからやってきて、大人げなくときめいたり、動揺したりしてしまうもの。3巻までに描かれてきたのは、結婚に踏み切れない女性や、自分以外の人と仲良くしている親友に嫉妬する女性、そして谷川さんが「離れる読者の方がいることも覚悟した」と打ち明ける、妻子ある人を好きになってしまった女性など。最新刊では、同級生に10年間も片思いしている女性と、恋愛に縁遠い女性が登場する。

「後者は“遅れてきた初恋”がテーマです。年齢的には35歳と十分大人で、思慮や理性や自信のなさで身動きの取れないヒロインなのですが、甘酸っぱい感情に首まで浸からせたいと思って描きました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.