くらし情報『エアコンの「除湿」と「冷房」、電気代が安いのは?』

2019年5月24日 20:00

エアコンの「除湿」と「冷房」、電気代が安いのは?

一番良くないのは、“つけて涼しくなったから消す、また暑くなったからつける”を繰り返すこと。オンオフでなく設定温度で適温をキープするのがベストです。風量も弱風や微風では室温が下がりにくく、余計に電気を使うため、『自動』設定が最も省エネに」

Q. エアコンの設定温度を1°C変えると電気代は何%変わる?
A. 約10%
「冷房運転で1°C上げる、また暖房運転で1°C下げるごとに、消費電力は10%も減るとされています。そのため、暑い時期は少しでも設定温度を高めにすると、節約につながります。冷やしたい時は扇風機の併用がベター。風があることで体感温度が下がるうえ、消費電力も少ないので、電気代を気にせずに使えます」

Q. 意外と電気代が高くつきがちなエアコンの機能とは?
A. ドライ機能
「ドライ機能は機種によって2方式。『弱冷房除湿』は、弱冷房とほぼ同じ機能で湿気がそこまで取れず、一方の『再熱除湿』も、結露は排出しますが、冷やした空気を再び温めるため電気代が高くつく。『冷えすぎない=節約』ではないので、暑さを我慢してドライ機能を使うくらいなら、コスト面では冷房がおすすめです」
Q. 調理中に取っておくと食器洗いがお得になるものって?
A. 麺の茹で汁
「パスタやうどんなどを茹でたお湯は、麺のでんぷん質が溶け出し、界面活性剤のように油に吸着して汚れを落としてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.