くらし情報『平岡祐太、早見あかりに「手のひらで転がされていました」』

2019年6月14日 19:50

平岡祐太、早見あかりに「手のひらで転がされていました」

今回、ご紹介する作品は、『女の機嫌の直し方』。とある結婚式で次々と巻き起こる男女間のトラブルを、男性脳と女性脳の違いを分析した脳科学の見地から解決していくハートフルコメディです。本作でウェディングプランナーを演じた平岡祐太さんにお話をうかがいました。

写真・大内香織 文・田嶋真理 スタイリスト・石橋修一 ヘアメイク・しぶや まさこ

目次

・さわやか笑顔で熱血ウェディングプランナーを好演
・Information


【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 38

さわやか笑顔で熱血ウェディングプランナーを好演

平岡祐太、早見あかりに「手のひらで転がされていました」


『妻のトリセツ』で知られる、AI(人工知能)研究者・黒川伊保子氏のベストセラー『女の機嫌の直し方』。男たちの永遠の謎「女の機嫌はわからない」を、男性脳と女性脳の違いを通じて解き明かした斬新な内容は、大きな反響を呼びました。

この書籍を原案にした映画『女の機嫌の直し方』の主人公は、大学でAIの研究をしている真島愛。彼女は、「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒業論文を執筆するため、男女トラブルの宝庫である結婚式場でアルバイトを開始。結婚式のあらゆる場面で次から次へと巻き起こる男女トラブルを鮮やかに解決へと導いていきます。

真島愛を演じたのは、若手実力派女優の早見あかりさん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.