くらし情報『ボーダーは「アリ」or「ナシ」? オフィスカジュアルの境界線 デキるOLマナー&コーデ術 ♯165』

2019年6月18日 20:10

ボーダーは「アリ」or「ナシ」? オフィスカジュアルの境界線 デキるOLマナー&コーデ術 ♯165

とはいえ、さすがにキレイめのデニムでも着用NGという企業も多いのでデニムは通勤服から外したほうが安心です。

このほか、NG要素の高いアイテムといえば露出の高いもの(ミニスカ・過度なオフショル・へそ出し・バックレスデザインなど)と柄の主張が激しいもの(アニマル柄・派手なカラーコーディネイトなど)が挙げられます。アパレル企業など、ファッション性の高い分野の仕事以外は基本的にシンプルかつ単色無地のアイテムを選ぶことがポイントです。

光沢感を足すとオフィスカジュアル感が増す

ボーダーは「アリ」or「ナシ」? オフィスカジュアルの境界線 デキるOLマナー&コーデ術 ♯165


手っ取り早くオフィスカジュアル感を出すなら、やはり光沢感のあるアイテムを取り入れることでしょうか。

例えば靴はエナメル素材のパンプスもしくは、メタリック素材のものを合わせる。アクセはキラッと光るゴールドのスキンアクセサリーをつけるなど、光り物を足してあげるだけで高見え効果が上がります。また、小物に光り物を入れるだけでなく、滑らかな光沢感のある生地を選ぶのも良いですね。

素材で言えば、シルクレーヨン、レーヨン、光沢加工のあるポリエステル系のアイテムは大人の女性にも人気が高いのでデザインと合わせて素材にも着目してみましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.