くらし情報『生き方に共感…100年前のキャリア・ウーマンがつくったものとは?』

2019年6月28日 17:00

生き方に共感…100年前のキャリア・ウーマンがつくったものとは?

おしゃれなデザインやライフスタイルで注目を集めるフィンランド。『ムーミン』も生み出した北欧の国から、女性芸術家たちのステキな作品が来日しています! 個性的な絵画や版画、そして彼女たちの生き方からパワーをもらえる展覧会をご紹介!

100年前のキャリア・ウーマンが集結!

目次

・100年前のキャリア・ウーマンが集結!
・前大統領も絶賛!
・生き方にも注目!
・ロダンの弟子も…
・パワーをもらいに…!
・Information
生き方に共感…100年前のキャリア・ウーマンがつくったものとは?


【女子的アートナビ】vol. 150

東京・上野の国立西洋美術館 新館展示室2階で、『日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』がはじまりました。

この展覧会では、19 世紀後半から20 世紀初頭のフィンランドで活躍した女性芸術家たちにフォーカス。日本でも回顧展が開かれた画家ヘレン・シャルフベック(1862-1946)など7人の作家たちによる絵画や彫刻、素描、版画など85点の作品が展示されています。

作品と一緒に注目したいのが、彼女たちの“生き方”。紹介されている作家たちはみな自立し、プロのアーティストとしてキャリアを築き上げていました。なかにはシングルマザーとして活動していた人もいます。

前大統領も絶賛!

生き方に共感…100年前のキャリア・ウーマンがつくったものとは?


でも、なぜ当時、彼女たちは男性中心のヨーロッパ社会で活躍できたのでしょう?

展覧会の開会式に出席した国立西洋美術館長、馬渕明子さんによると、フィンランドではこの時期、ロシアからの独立運動のなかで、社会における女性の立場や役割に大変革が起こっていた、とのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.