くらし情報『望月歩、菅田将暉の「ちょっと静かにしようか」に大感激した理由』

2019年7月19日 19:00

望月歩、菅田将暉の「ちょっと静かにしようか」に大感激した理由

今回、ご紹介する作品は、映画『五億円のじんせい』。かつて五億円の募金による心臓手術で命を救われた17歳の少年・高月望来(たかつきみらい)が自分らしい生き方を模索し、成長していく物語です。本作で高月望来を演じ、映画初主演を果たした望月歩さんにお話をうかがいました。

写真・角戸菜摘 文・田嶋真理

目次

・「望来の成長を通じて、前向きな気持ちを与えたい」
・Information


【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 43

「望来の成長を通じて、前向きな気持ちを与えたい」

望月歩、菅田将暉の「ちょっと静かにしようか」に大感激した理由


動画サービスGYAOと芸能事務所アミューズがタッグを組み、オーディションで選んだスターの原石を起用して、オリジナル映画を作るプロジェクト『NEW CINEMA PROJECT』。『五億円のじんせい』は、その第1回グランプリに輝いた作品です。

主人公は、幼い頃に募金の五億円によって心臓手術に成功し、命を救われた少年・高月望来。健康に成長し、17歳を迎えた望来は、五億円にふさわしい生き方を求められることに嫌気がさし、五億円を稼いで死のうと決意します。時給1000円のアルバイトをした場合、1日8時間365日働いても五億円が貯まるまでに171年もかかると気づいた望来は、闇バイトの世界へと足を踏み入れます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.