くらし情報『吉田羊の猛アプローチに困惑した俳優は? 『凪のお暇』でその相手と共演』

2019年7月18日 21:00

吉田羊の猛アプローチに困惑した俳優は? 『凪のお暇』でその相手と共演

場の空気を読み、必死に同僚たちの顔色を窺い日々を過ごしていた凪は、ある日、職場で過呼吸を起こして倒れてしまう。それをきっかけに会社を辞め、家を引き払い、携帯電話も解約し、一切のしがらみを捨てることを決意する。そして心機一転、東京郊外のオンボロアパートで、新たな生活を始めるのだが―。

’17年のananマンガ大賞を受賞したコナリミサトさんのコミックス『凪(なぎ)のお暇(いとま)』が、黒木華さん主演で連続ドラマに。吉田羊さんは、黒木さん演じる凪の引っ越し先のアパートの住人で、彼女に懐く少女・うららの母親・白石みすずを演じる。

生身の人間が演じることで物語がよりリアルになる。
吉田羊の猛アプローチに困惑した俳優は? 『凪のお暇』でその相手と共演


黒木:原作がすごくリアルな話だなって思ったんですよね。空気を読みながら生きるうちに、自分が何をしたらいいのかわからなくなってしまうことってよくあることだし、それぞれの登場人物が抱えている闇も人間くさい。そういう物語を生身の人間が演じることで、よりリアルなものになるような気がしているんです。

吉田:空気を読むって日本人独特の感覚で、それは優しさの裏返しでもあるんだけれど、凪ちゃんみたいに苦しくなっちゃう人もいるわけでしょ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.