くらし情報『筒井真理子「池松壮亮さんに申し訳ないと思った…」その理由とは?』

2019年7月25日 19:40

筒井真理子「池松壮亮さんに申し訳ないと思った…」その理由とは?

些細なことがきっかけで人生が思わぬ方向に転がり落ちることは、誰の身にも起こりうること。そこで、ある出来事が原因で仕事も恋人も失ってしまった女性が繰り広げる復讐を描いた話題作『よこがお』をご紹介します。今回は、こちらの方に見どころについてお話いただきました。

写真・黒川ひろみ(筒井真理子)

目次

・主演を務めた筒井真理子さん!
・監督のおかげで現場は柔らかい雰囲気だった
・役者としての課題を感じた瞬間とは?
・すべてが仕事に繋がってしまうのが役者
・インタビューを終えてみて……。
・予期せぬ展開に圧倒される!
・ストーリー
・ざわつきが止まらない予告編はこちら!
・作品情報


主演を務めた筒井真理子さん!

筒井真理子「池松壮亮さんに申し訳ないと思った…」その理由とは?


【映画、ときどき私】 vol. 247

映画、テレビ、舞台などで幅広く活躍し、多くの名監督から愛されている女優の筒井さん。本作は、「筒井さんの美しい横顔を撮ってみたい」という深田晃司監督たっての希望から生まれたヒューマンサスペンスです。そこで、現場の様子や演じるうえでの苦労などについて語っていただきました。

―深田監督とは、脚本の執筆段階から話し合われていたそうですが、筒井さんから具体的に何か提案したことはありましたか?

筒井さんプロットを受け取ったときに少しお話をさせていただいたくらいですが、そのときに話した私の実体験をひとつだけ脚本に入れていただきました。

ネタバレになるので多くは言えませんが、市川実日子ちゃん演じる基子が子どもの頃に友達としていた“ある秘密の遊び”を妹に見られてしまったと語るシーン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.