くらし情報『“アイデア出し”はどうする? プロのおすすめは「すべて書き出す」』

2019年7月25日 21:00

“アイデア出し”はどうする? プロのおすすめは「すべて書き出す」

アイデアは適切な内容を選び、求められている人に“ギブ”されてこそ生きてくる。その方法は3ステップ。まずは提案先のことは一切考えず、自分本位にアイデアを出し尽くす。

「最初から、相手のことや企画としてのカタチや条件を考慮すると、選択肢が狭まるだけなんです。どれだけ“わがまま”になれるかがポイント。企画の素であるアイデアは、自分の理想論でいいんです」と、発想法のプロである加藤昌治さん。

目一杯選択肢を広げたら初めて、“ギブ”できる状態に整える。

「企画というギフトを、あげる相手への“思いやり”でラッピングしてあげましょう」

的確なアイデアを“ギブ”する3ステップ!

“アイデア出し”はどうする? プロのおすすめは「すべて書き出す」


思いついたモノはすべて書き出す。
アイデア=選択肢。最初の段階では、できるだけ大量の選択肢を出すべし。

「アイデア出しの段階は、とことんわがままに!『似たようなものがある』『これは予算的に実現できない』と自己判断しないでください」。通常、ここでつまずき、通り一遍のものしか出せない人が多い。「そうしたアイデアには驚きがなく『他にないの?』と言われるのがオチ。アイデアは、恥ずかしくても自分の気持ちや理想に素直であるほどいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.