くらし情報『萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす』

2019年7月29日 18:20

萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす

少女マンガファン待望の展覧会『萩尾望都ポーの一族展』が東京の松屋銀座ではじまりました。そのオープニングイベントに、萩尾望都先生と元宝塚トップ娘役・仙名彩世さんが出席。おふたりのプチトーク&萩尾先生のミニインタビュー、さらに会場の様子もご紹介!

萩尾ワールドにひたれる!

目次

・萩尾ワールドにひたれる!
・いつのまにか50年…
・今はわびさびの境地
・ゲストは、仙名彩世さん!
・先生に直撃!
・少女のような笑顔で…
・Information
萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす


【女子的アートナビ】vol. 154

デビュー50周年記念『萩尾望都ポーの一族展』では、文学的少女マンガで革命を起こしたマンガ家のひとり、萩尾望都先生の代表作『ポーの一族』シリーズを中心に、人気作品の原画や予告カットなど300点以上を展示。

さらにスケッチブックや執筆風景など、普段なかなか目にすることのできない貴重な資料を間近で見ることができます。

『ポーの一族』とは、永遠に少年の姿のまま生きながらえていくバンパネラ(吸血鬼)のエドガーが主人公となり、友人のアランとともに旅を続ける物語。1972年から連載されたロングセラーで、2016年には40年ぶりに新作も発表するなど、今なお多くの読者に愛され続けています。

萩尾望都「なんとか痛みをかわしたい…」創作の原動力を明かす


また、展示の途中には宝塚歌劇のコーナーも登場。2018年の花組公演『ポーの一族』の華やかな衣装や小道具などが並び、ポーの世界を全身で体感できる夢のような空間になっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.