くらし情報『横澤夏子、ロケで学ぶ 「自分のことをすごく残念だと思った」ワケ』

2019年8月1日 18:30

横澤夏子、ロケで学ぶ 「自分のことをすごく残念だと思った」ワケ

出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、人や物を自然と敬える女性、「“お”をつける女」になりきり。

とっさに出てくる言葉に、その人の品性が宿ります。
横澤夏子、ロケで学ぶ 「自分のことをすごく残念だと思った」ワケ


このあいだ食事をしていたお店で、店員さんが「こちら、お野菜です」と言うのを聞いて、お野菜の“お”は誰に教わって、つけているんだろうと思ったんです。働いているお店につけろと言われたのか、それとも、親のしつけで昔からそうしているのか。

以前、仕事でロケをした時に、スタッフの方に「寿司屋じゃなくて、お寿司屋さんと言ってください」と言われたことがありました。その時に、たしかに“寿司屋”と言う人もいるなと。ただ、それは番組だったから言ってくれたけど、日常ではなかなか指摘されないことだと思ったし、“お”には、その人の品性がにじみ出ると思いました。うどんより“おうどん”、味噌汁より“お味噌汁”のほうが、上品な感じがしますよね。

そう、これもロケの時の話ですが、とあるおじいちゃんに年齢を尋ねた時に「いくつですか?うわー、元気!」と言ってしまったことがあって。後で、「おいくつですか?お元気ですね!」と、きちんと言えなかった自分のことを、すごく残念だと思ったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.