くらし情報『「睡眠は90分単位が良い」は間違い? “眠りの常識”Q&A』

2019年9月6日 20:00

「睡眠は90分単位が良い」は間違い? “眠りの常識”Q&A

私たちが生きる上で必要な睡眠。質を高められるなら、いいとされることは全部やってみたい。でもちょっと待って。広く知られ、信じているその“常識”、ひょっとしたら間違って理解しているかも!

現代人の忙しさを反映するように、関心が高まるばかりの睡眠。ただ、快眠を求めて本や記事を読み、短絡的に正しいと思い込んで、実践するのはとても危険!

「専門家と称する人たちが発信している情報の中にも間違っているものが含まれています。それが睡眠の常識となり、さらに神話と化して広まっているのが現状です」

と、最先端の睡眠研究を行う、櫻井武先生は警鐘を鳴らす。

「たとえば、睡眠の話題でよく出てくる体内時計。25時間と言う人もいますが、1日24時間の地球の自転周期からそこまでズレはしません。若干の個人差はありますが、24時間10分ほどです」

心身の健康と直結する睡眠だからこそ、“常識”を疑ってみることも快眠に繋がる!

睡眠時間は90分単位で決めるとスッキリ起きられる。
これってホント?ウソ?

:睡眠のサイクルには、個人によって幅があります。
睡眠中は、ノンレム睡眠+レム睡眠のサイクルを一晩で4~5回繰り返している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.