くらし情報『どうして夢を見るの? いつ見てる? 睡眠時の“夢”の秘密』

2019年9月9日 20:30

どうして夢を見るの? いつ見てる? 睡眠時の“夢”の秘密

「典型的な夢に出てくるテーマと不安夢のそれは大体決まっています。追いかけられる、落ちる、間に合わないなどです。そうしたネガティブな気分のほうが記憶に残りやすく、逆に幸せな夢は記憶に残りにくいのです」

実は、恐怖、怒り、焦りといった夢で抱く感情は、現実のリスクに備えたシミュレーションという考え方もあるという。

「昔であれば追いかけられる夢は動物に襲われたときに備えてのシミュレーション。現代では仕事でミスをしたり上司や部下と対立する夢は、仕事や人間関係をうまく運ぶためのシミュレーションと考えることができます」

Q. せっかくいいところだったのに…。夢の続きは見られる?
A. まどろんで浅い眠りにつけば続きを見られる可能性があります。

とてもいい夢を見ていたのに、一番盛り上がりそうな場面で目が覚めてしまった。そんな経験は誰でもあるはず。続きを見たいと思ったときには、もう一度寝るのがおすすめ。

「パッチリ目を開けて覚醒してしまったら夢の続きを見ることは難しいと思います。でも、まどろんだ状態で浅いノンレム睡眠や再びレム睡眠に陥れば、続きを見られる可能性はあります。ただし、深い眠りについてしまったら次のレム睡眠でまた違う夢を見るので、続きを見たいと思った夢は忘れてしまいます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.