くらし情報『長塚圭史・阿佐ヶ谷スパイダースの新作は“幻”の歌舞伎向け』

2019年9月10日 19:30

長塚圭史・阿佐ヶ谷スパイダースの新作は“幻”の歌舞伎向け

歌舞伎の演目のひとつに『桜姫東文章』という作品がある。盗賊に襲われながら、その男の肌を忘れられない桜姫と、当の盗賊である権助、そして桜姫を死んだ恋人の転生と信じる僧の清玄という3人の、奇妙な縁と因果を描いた物語だ。

長塚圭史さんは10年前、この題材を現代の南米に変えた戯曲を、コクーン歌舞伎のために書き下ろした。公演は成功を収めたが、じつはそこで発表された南米版の前に、陽の目を見ることなく忘れ去られた戯曲がもう一本あった。それが今回上演される『桜姫~燃焦旋律隊殺於焼跡(もえてこがれてばんどごろし)~』だ。

どんな荒唐無稽も真実に見せる演劇の無茶を楽しみたい。
長塚圭史・阿佐ヶ谷スパイダースの新作は“幻”の歌舞伎向け


「たまたまこの戯曲を見つけた劇団スタッフに、上演しようと言われて10年ぶりに読み返したんです。当時、(故・中村)勘三郎さんたちを想定して書いたので劇団で演じるにはハードルは高くはある。でも、これを楽しめたらきっと僕らにとって大きな前進になると思ったんです」

こちらの舞台は敗戦後の日本。

「それまで信じてきたものが崩壊して、何を信じていいかわからない朧(おぼろ)のような時代。それでも人々は貧しいなか生き延びようとしていて、こういう時代なら『~東文章』のような荒唐無稽な物語が生まれても不思議じゃないと思ったんでしょうね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.