くらし情報『“乳がん検診”を受ける前に知っておきたい6つのこと』

2019年9月16日 19:00

“乳がん検診”を受ける前に知っておきたい6つのこと

“お胸の健康”と聞いて、真っ先に乳がんのことを思い浮かべる人は多いはず。検診はどんな人が対象になっているのかなど、まずは乳がん検診について再確認。

Q.乳がん検診は受けたほうがいいと思いますか?

YES…93%、NO…7%

目次

・Q.乳がん検診は受けたほうがいいと思いますか?
・検診を考える前に知っておきたい6つのこと。


anan読者世代の20~30代の女性100人にアンケート。乳がん検診は、若いうちからほとんどの人が、かなり意識しているよう。

ところが!「どんな人でも必ず毎年受けなきゃ!」というその認識、実は間違っているかも!?

“乳がん検診”を受ける前に知っておきたい6つのこと


アンケートには「若い女性が乳がんになったという報道を見た」など不安の声がさまざま。それに加えて“乳がん検診を受けましょう”という運動を目にする機会も多いようで、「私も行かなきゃ」との意識が働く模様だけれど…。

厚生労働省が科学的根拠をもとに推進しているように、乳がん検診が必要なのは、基本的には40歳以上。20~30代の人は、あまり意識しなくていいんです。乳がん啓発運動で知られる『ピンクリボン』が行っている検診への呼びかけも、40歳以上の人に向けられています」(医学博士・福田護先生)

とはいえ、やっぱりなんとなく心配という場合は、20~30 代でも検診を受けるのはアリ?

「若いうちからの闇雲な検診は、デメリットも伴います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.