くらし情報『意外な弱点?! 高杉真宙、舞台の仕事で2年間憂鬱に…その理由とは』

2019年9月22日 18:50

意外な弱点?! 高杉真宙、舞台の仕事で2年間憂鬱に…その理由とは

どこまでも実直で謙虚な人、という印象の高杉真宙さん。類まれなルックスと人気を誇りながら、それでもなお、「自分には何もできない」と語る。その心とは?仕事に懸ける正直な思いを聞いた。
意外な弱点?! 高杉真宙、舞台の仕事で2年間憂鬱に…その理由とは


自分には何もできないと思っているので、ボロクソに言われても大丈夫。
今年に入って連続ドラマ4作品に出演し、すでに封切られた映画は3本。さらに来年にかけて4本の劇場公開作が控え、なんと11月からは舞台にも出演。今、最も出演オファーが絶えない若手人気俳優の一人、高杉真宙さん。最新公開作『見えない目撃者』では、吉岡里帆さん演じる目が見えない元女性警察官と共に女子高生連続殺人事件を追う高校生・国崎春馬を演じている。

――最初に脚本を読んだ時はどんな印象を受けましたか?

高杉:こういう猟奇殺人を扱う本格スリラーは、海外ドラマを彷彿させるというか、あまり日本にはない作品だなと思いました。

――春馬を演じる上で、一番こだわったのはどんなところですか?

高杉:一番はじめにいただいた台本だと、春馬はもっと不良感が強かったんです。でも、それよりは何かを諦めている感じというか、他人に対して無関心な感じのほうが現代の高校生っぽいかなと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.