くらし情報『相談したのにスタンプで…深く傷ついた「友達とのLINEやり取り」』

2019年9月26日 20:20

相談したのにスタンプで…深く傷ついた「友達とのLINEやり取り」

日々繰り返される友達との何気ないLINEのやり取り。実は、それで傷ついてしまっているアラサー女子はけっこう多いようです。今回は、アラサー女子が実際に傷ついたLINEでのやり取りとその瞬間をご紹介します!

文・オリ子

目次

・アラサー女子は、どんなLINEで傷ついているの?
・見えないからこそ、より思いやりを持てる人がLINEで友達から愛される女になれる!?


アラサー女子は、どんなLINEで傷ついているの?

相談したのにスタンプで…深く傷ついた「友達とのLINEやり取り」


友人とのLINEで傷ついたエピソードをお聞きしました!

スタンプで簡単に返してくる時
相談したのにスタンプで…深く傷ついた「友達とのLINEやり取り」


「悩み相談もスタンプで返されると凹んでしまいます」(27歳・会社員)

「まじめな相談をしたつもりだったのに、スタンプで返ってきた時」(33歳・会社員)

相手の顔が見えないぶん、言葉の温度感が伝わりずらくなってしまうこともあるLINE。相手に悪気がなくても、自分の悩みへの反応がスタンプひとつだと、適当に扱われている気がして、確かに傷ついてしまうかもしれません。

グループLINEが自分の会話で終わる時
「グループLINEで自分が送信後終わってしまったとき」(30歳・会社員)

グループLINEは、多くの人に気を使わないといけないだけでなく、その中の複雑な人間関係にも考えなくてはいけない、難易度の高いLINEやり取りになりがち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.