くらし情報『絶対王者・羽生結弦が魅せる! 世界最高得点の裏側とは』

2015年12月12日 12:00

絶対王者・羽生結弦が魅せる! 世界最高得点の裏側とは

エッジを深く倒して、低い姿勢で弧を描くようにして滑る技。SEIMEIの振付師の得意技でも。

エッジを深く倒して、低い姿勢で弧を描くようにして滑る技。SEIMEIの振付師の得意技でも。

“いまの日本男子選手の中で、和を表現できるのは自分しかいない”と、今シーズン、羽生結弦選手がフリースケーティングの曲に選んだのは、映画『陰陽師』のサントラ。

そして、平安時代の陰陽師・安倍晴明を舞うこのプログラムに付けたタイトルが、SEIMEIだ。アルファベットにすることで、晴明の名以外にも、さまざまな意味を込めたという。

実は、プログラムにタイトルを付けるスケーターは数少ない。それだけ新たな境地に挑んでいるということ。シーズン前には、映画版で晴明を演じた野村萬斎さんの元を訪れ、舞の奥義も指南された。公家の狩かりぎぬ衣がモチーフという衣装でとる、冒頭のポーズには、そこでの助言が活かされている。4回転を3回組み込む難度もさることながら、これでもかとつなぎを入れつつ、龍笛や太鼓の音にピタリと合わせる動きに、本作への気迫が見てとれる。

子供のころから柔軟性があり、憧れのプルシェンコ選手のトレードマーク、レイバックスピンと、イナバウアーを、プログラムに入れていた羽生選手。ジュニアに上がるころからは、長い手足から繰り出すスピンにも磨きがかかり、その風を切るかのような回転の速さ、多彩さには、舌を巻いたもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.