くらし情報『「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”』

2019年10月10日 19:10

「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”

以前、撮影初日のファーストカットの1テイク目で、いきなり私のところにダーッと走ってきて、いろいろと演技指導しようとする監督がいました。最初のシーンであったことと、あまりに突然だったので、「なぜそんなにコントロールしようとするのかしら」と少し驚いてしまった覚えがあります。

結局、その監督には「まだ私もリサーチしているところだから、それを探す機会として3テイクは続けてやらせて欲しい。演技指導をしたいならそのあとにしてください」と伝えました。私が思うに、俳優が自分でいろいろと試せる自由があったほうが、“俳優を活かす”という意味でも映画にとっては得だと思っています。

「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”


―数々の巨匠たちとご一緒されてきたビノシュさんだけに、非常に説得力があります。

ビノシュさんただし、もし現場で監督と俳優たちの権力をめぐる闘争のようなものが発生してしまった場合は、俳優のほうが“身を引く”という一種の頭の良さが求められるとは思います。なぜなら、そういった権力闘争は映画にはまったく関係ありませんし、クリエイションを一切生み出さないものなので、必要ありませんよね。

私が思うに、映画作りというのは、誰が一番権力を持っているかどうかではなく、オーケストラのように各自が自分の仕事をすることが重要。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.