くらし情報『「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”』

2019年10月10日 19:10

「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”

そのなかで監督や助監督は、指揮者としてみんながちゃんと仕事をできるようにまとめていくことが大切なのです。

現場で一番必要としているものは「沈黙」

「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”


―では、ビノシュさんが現場で大事にしていることは何ですか?

ビノシュさん私が一番必要としているのは、「沈黙」。つまり、「静寂である」ということですが、現場で集中するときは、それがひとつのリスペクトの表れだと私は考えています。そして、なぜそれが必要かというと、演技を始めるということは、現実とは違う空間と時間にコネクトしなければいけませんし、ミステリアスな映画の世界に俳優が接触する“神聖な時間”でもあるからです。

だから、「アクション!」と声がかかったあとも周りがガヤガヤしているときは、きちんとした演技ができないので、あえて始めずにじっと待つようにしています。そうすると、みんな気がついて、ちゃんと沈黙の状況を作り出してくれるのです。

「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”


―以前、ビノシュさんが出演された『Vision』で監督を務められた河瀨直美監督に取材させていただいたことがあり、そのときにビノシュさんについてもおうかがいしました。「ストイックでとにかく高い集中力があり、何に対しても逃げることなく向き合う人」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.