くらし情報『「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”』

2019年10月10日 19:10

「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”

とおっしゃっていましたが、実際にお会いしてみてその意味がよくわかります。
ビノシュさん河瀨監督の映画の場合は、作品自体が自然をテーマにしていたこともありましたし、現実と想像の世界が混ざり合うような不思議な世界観だったこともあり、集中力の高さが必要とされました。あとは、私は日本語がわからなかったこともあり、共演者たちが何を話しているのかを想像しようとして一生懸命聞いていたというところからくる集中もあったかもしれませんね。

河瀨監督は「アクション!」というかけ声を言わず、切れ目なくカメラを回すという特別で素晴らしい撮影方法を取る監督だったので、現実と映画の境目がなく、繋がっているような感覚を味わうことができました。

謙虚になってから作品と向き合うようにしている

「是枝監督の現場は…」ジュリエット・ビノシュが語る俳優の“真実”


―では、仕事に対してそれほどまでに高い意識を持ち続けられる原動力を教えていただけますか?

ビノシュさん私にとって集中力やモチベーションを維持できるのは、それが必要だからです。特に、映画では現実と異なる空間を作らなければならないので、私はそうした世界に“下から入る”という言い方をしています。つまり、すべては内面から発生しているものであり、そのための準備をしているだけなのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.