くらし情報『挨拶、物を拾うとき…“色気”を感じる“しぐさ”8選』

2019年10月17日 21:00

挨拶、物を拾うとき…“色気”を感じる“しぐさ”8選

今求められるのは、内面の奥深さを感じる知性や品のある色気…。それは、ふとした“しぐさ”にも表れます。「指一本触れさせずとも感じさせる色気」について、日本舞踊藤間流師範・藤間希穂さんに伺いました。

色気の定義は時代とともに変わるもの。あからさまなボディタッチなど、直接的な行為がアピールにつながることもあれば、それとは反対に、女性らしい慎ましさから滲み出る色気というのもある。

「たとえば歌舞伎などの古典芸能の世界では、遊女の最高位を松の位の太夫と言いますが、このレベルの女性は殿方をもてなし、楽しませるものの、自らに指一本触れさせることはありません。あらゆる芸事をマスターし、高い品格を身につけることで自分自身を磨いていくのです」(藤間さん)

そして、今の時代に本当に必要とされるのも、まさにこうした“中身の伴った色気”だという。

「何より大切なのは、品があって礼儀正しいことです。その第一歩として、自分の所作から見直してみるといいでしょう。礼儀とは自分をアピールするためではなく、相手を心地よくするための作法。一つ一つの所作を丁寧に行うことを心がければ、艶やかな色気を身につけることができるはずです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.