くらし情報『「ヤバい」はNG 銀座のママに聞いた“色気”のある8つの「会話」術』

2019年10月19日 18:00

「ヤバい」はNG 銀座のママに聞いた“色気”のある8つの「会話」術

知性を感じる色気のまとい方とは?ここでは“美しい日本語で表現する、個性の色気”というお題のもと、色気のある会話のコツについて銀座クラブ『昴』の高田律子ママにお聞きしました。
「ヤバい」はNG 銀座のママに聞いた“色気”のある8つの「会話」術


「私が思う日本語の良さは、一つの意味に対してたくさんの言い方があることだと思うんです。たとえば、“かわいい”という言葉にしても、“愛らしい”“可憐”のように、いろいろな表現がありますし、敬語の表現もそうですよね。ところが、今はなんでも『ヤバい』の一言で片づけてしまう。美味しいものを食べても『ヤバい』、雨が降っても『ヤバい』(笑)。これでは、日本語が本来持つ表現の美しさは生かせません」(律子ママ)

画一的な表現ではなく、自分の言葉で物事を繊細に表現すること。そこから生まれる個性にこそ色気は宿る、と律子ママ。

「色気は、相手が感じとるもの。何はともあれ、相手を飽きさせないことが肝心。嘘のない素直な言葉で自分の考えや感情を表現することが、“オリジナルな色気”につながると思います。もちろん、それを身につけるためには努力も必要ですよ。自分の能力を使うことをサボらず、探究心を持っていろいろと試してみてください」

流行語を使わないで話す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.