くらし情報『菜々緒「メイクは過去一番薄いかも」 天真爛漫な役に戸惑い?』

2019年10月29日 20:00

菜々緒「メイクは過去一番薄いかも」 天真爛漫な役に戸惑い?

ナチュラルなメイクに、ふんわり下ろした髪…やわらかい雰囲気をまとって、カメラの前に立った菜々緒さん。いつものような美脚にハイヒールでも、真っ赤なリップでもないその姿は、10月11日にスタートしたドラマ『4分間のマリーゴールド』で演じている沙羅そのもの。
菜々緒「メイクは過去一番薄いかも」 天真爛漫な役に戸惑い?


「台本をいただいて読んだあと、原作の漫画を一気読みしちゃって。3巻だけの短いストーリーの中に、命のことや生と死、愛にまつわるメッセージがたくさん込められた作品で、感動しました」

手を合わせた人の“死の運命”が視えるという特殊能力を持っている、救急救命士の花巻みこと(福士蒼汰)。父の再婚によりきょうだいとなった義姉・沙羅、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と仲良く暮らしているみことは、いつからか沙羅に禁断の恋心を抱いていた。そしてある日、沙羅と手を合わせてしまい、沙羅の死の運命を視てしまう…。

「天真爛漫で笑顔がステキな沙羅を演じると知った時は、“私が?”ってびっくり。これまで強い女性の役をたくさんやらせていただいたので、沙羅を演じるのは菜々緒さんじゃない、ってみなさんも思われていると思いますが、それは私が一番最初に感じたことです(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.