くらし情報『貫地谷しほり「白黒だけでは決められない」育児放棄する母親への思い』

2019年11月7日 19:10

貫地谷しほり「白黒だけでは決められない」育児放棄する母親への思い

育児に対する関心が高まるいっぽうで、育児放棄や虐待、不妊治療、養子縁組制度など、子どもに関する問題が山積み状態であるのも事実。そんななか、注目作としてご紹介するのは、それらの問題に直面した母親たちの苦悩と葛藤を描いた映画『夕陽のあと』。今回は主演を務めたこちらの方にお話をうかがってきました。

写真・黒川ひろみ(貫地谷しほり)

女優の貫地谷しほりさん!

目次

・女優の貫地谷しほりさん!
・自分の思いだけで寄り添うことが難しかった
・この映画が社会を変える一歩になって欲しい
・きちんと生活することを意識している
・何でもとりあえず試してみること
・インタビューを終えてみて……。
・誰の心にも訴えかける普遍的な人間ドラマ!
・ストーリー
・胸が痛くなる予告編はこちら!
・作品情報
貫地谷しほり「白黒だけでは決められない」育児放棄する母親への思い


【映画、ときどき私】 vol. 275

貫地谷さんが演じたのは、貧困に陥ってしまったがゆえに一度は母親であることを放棄した主人公の佐藤茜。本作では、“生みの母”である茜と、茜の子どもを里子として受け入れた“育ての母”である日野五月という2人の女性を中心に描かれています。

そこで、役を通して感じた思いや現在の心境などについて語っていただきました。

貫地谷しほり「白黒だけでは決められない」育児放棄する母親への思い


―まずは、今回の茜をどのような女性としてとらえて役作りをされましたか?

貫地谷さん茜は周りに相談できる人がいなくて、ひとりで抱え込んでしまい、あのような選択をせざるを得なかった女性なので、とてもつらい役だなと思いました。だからこそ、恵まれた環境で両親に愛されて育ち、母親でもない私には、彼女の背景は到底想像しえないものだとも感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.