くらし情報『極限状況で他者を助けられるか…“安っぽいシーンなし”のスリラー映画とは?』

2019年11月8日 19:00

極限状況で他者を助けられるか…“安っぽいシーンなし”のスリラー映画とは?

デンマークを代表する俳優であり、演技派として高く評価されるマッツ・ミケルセン。本作『残された者―北の極地―』は、その彼が「キャリア史上、最高に過酷な撮影だった」と語るスリラーだ。
極限状況で他者を助けられるか…“安っぽいシーンなし”のスリラー映画とは?


マッツが演じるのは、飛行機事故により北極圏に取り残されたオボァガード。孤独にサバイバル中の彼はある日、ヘリコプターの墜落を目撃。負傷した女性搭乗員を救出したオボァガードは、生命の危機に瀕した彼女を連れて、決死の旅に出る!

極限状況で他者を助けられるか?という人間性が試される物語だ。次々に立ち塞がる困難に立ち向かうオボァガードは、とてもヒロイック。

「彼をヒーローとみなすことはできるよ。でも実は、彼女こそが彼の救世主だ。当初サバイブするだけで、夢も希望も失った虚ろな目をした彼は、彼女が彼の人生に現れたことで、“生きる”ことがどういうことかを思い出すんだ。彼女のおかげで“生きる”意味を再び感じるようになる」

負傷した女性を看病するために自身の寝床に運ぶオボァガードが彼女を長めに抱きしめる場面が印象的だ。

「オボァガードがいかに人の温もりに飢えていたかわかる場面だね。人間はやはり他者がいてこそ生きられるんだと思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.