くらし情報『松本穂香「本当にずっと泣いていました」 自身の主演映画で号泣したワケ』

2019年11月14日 19:00

松本穂香「本当にずっと泣いていました」 自身の主演映画で号泣したワケ

監督の中川龍太郎さんが松本穂香さんの透明な存在感に惚れ込んでオファーしたという映画『わたしは光をにぎっている』。

自分の出演作を観て、こんなに泣いたのは初めてでした。
松本穂香「本当にずっと泣いていました」 自身の主演映画で号泣したワケ


「中川監督とは3年前に一度お会いする機会があって、その時からずっと“松本さんで作品を撮りたい”とおっしゃっていただいていたんです。でもこれまで、なかなかタイミングが合わなかったので、“やっとできますね”という思いでした」

松本さんが演じるのは、育ての親である祖母の入院を機に上京することになった20歳の宮川澪。都会の中で戸惑いながらも自分の居場所を見つけ、前へ進もうとする澪の姿が丁寧に描かれている。

「台本を読んだ時から、きっと澪は監督が思う私のイメージに近い人なんだろうなと思ったんです。監督からお話があったのも、“ただ風景の中にいる人を撮りたい”ということだけ。なので今回は、あえて役を作り込まないよう意識していました」

それは松本さん自身、澪に共感できる部分も多かったから。

「澪はなかなかやりたいことが見つからなくて、バイトもすぐに辞めてしまうような女の子。でも私自身もこの女優という仕事に出合うまで、イヤだなと思うことをすぐに放り出して、自分は本当にダメな人間だなと落ち込んでしまう時期があったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.