くらし情報『少数民族差別、デモ、拷問…“台湾”を深く知る傑作アニメ』

2019年11月23日 20:40

少数民族差別、デモ、拷問…“台湾”を深く知る傑作アニメ

日本ではここ数年、空前の台湾ブーム。タピオカや雪花冰(かき氷)はお馴染みだし、誠品書店が日本に進出するなど経済交流も盛んだ。でも台湾の歴史や政治、教育やエスニシティ(少数民族のアイデンティティ)に関しては無関心かも?本作『幸福路(こうふくろ)のチー』は、観る人が台湾をもっと深く知りたくなる可能性大の傑作アニメだ。
少数民族差別、デモ、拷問…“台湾”を深く知る傑作アニメ


主人公は、アメリカで暮らす台湾人のチー。祖母の訃報を受けて帰国した彼女は、久しぶりに見る故郷の風景が記憶とは違うことに戸惑う。しかも選挙活動中の幼馴染みは彼女のことを忘れた様子。そんなに変わってしまったのかと自身を見つめ直すチーの脳裏に、台北郊外にある幸福路168号に越してきた日の記憶がよぎる。小型トラックの荷台に乗って舗装されていない道を進むチーは、川に落ちて金髪碧眼の王子さまに助けられる妄想をする。空想好きの少女はやがて、親友になった金髪のハーフ少女ベティやいたずらっ子シェン・エンと屋上に上って、アニメ『ガッチャマン』のように羽ばたきたいと望むのだった。

チーが回想するのは、彼女の人格形成に影響を及ぼした社会事情やアミ族である祖母との思い出。彼女の誕生日が4月5日で、中華民国(台湾)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.