くらし情報『中東問題にまさかの展開…和解に必要だったのはユーモアだった⁉』

2019年11月21日 19:50

中東問題にまさかの展開…和解に必要だったのはユーモアだった⁉

いまやあらゆるニュースソースから世界中の情勢をリアルタイムで知ることができますが、それでも日本人にとってなかなか理解が難しいもののひとつが中東問題。そこで今回は、ユーモアを交えつつ、現地のリアルを垣間見ることができる話題作をご紹介します。それは……。

世界が絶賛する『テルアビブ・オン・ファイア』!

目次

・世界が絶賛する『テルアビブ・オン・ファイア』!
・監督・脚本を務めたサメフ・ゾアビ監督!
・脚本家の役には自分の経験も含まれている
・伝統料理「フムス」に込められた思いとは?
・文化的にユーモアが刷り込まれて育った
・次は日本を舞台に撮る可能性もあるかもしれない
・笑いは民族の対立さえも乗り越える!
・まさかの展開を見せる予告編はこちら!
・作品情報
中東問題にまさかの展開…和解に必要だったのはユーモアだった⁉


【映画、ときどき私】 vol. 277

パレスチナの人気ドラマ『テルアビブ・オン・ファイア』の制作現場で、言語指導として働いていたパレスチナ人青年のサラーム。エルサレムに住んでいたため、ラッマラーという地区にある撮影所に通うには面倒な検問所を毎日通らなければならなかった。

そんなある日、イスラエル軍事司令官であるアッシに呼び止められたサラームは、ドラマの脚本家であると嘘をついてしまう。妻がドラマの熱狂的なファンであったこともあり、アッシはサラームを呼び止めては、強引にアイディアを出し、脚本に入れるように迫るのだった。その結果、脚本家に出世したサラームだったが、イスラエルのアッシとパレスチナの制作陣の間で板挟みとなってしまうことに。はたして、ドラマの結末はどうなるのか……。

中東問題にまさかの展開…和解に必要だったのはユーモアだった⁉


本作はヴェネチア国際映画祭のInterFilm部門での作品賞受賞をはじめ、世界各国の映画祭でさまざまな賞に輝いている注目作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.