くらし情報『恋も仕事もうまくいく!…相手が心地よく感じる「話の聞き方」#11』

2019年11月30日 18:40

恋も仕事もうまくいく!…相手が心地よく感じる「話の聞き方」#11

口は災いの元とも言われますが、耳には「牛耳る」なんていうパワフルな言葉があります。「良い印象を持たれたい!」と思うなら、躍起になって話すことよりも、深く聞くほうが有効です。全身全霊で聞くことはディープリスニングやマインドフルリスニングとも呼ばれ、聞く瞑想だとも考えられています。そこで今回は、仕事やパートナーシップで相手の心をつかむ「聞き方」6つのポイントをお伝えします。

取材、文・土居彩 看板写真・Yumiko Sushitani

【マック・マインドフルネス時代の瞑想探し。「魂ナビ」が欲しい!】vol. 11

目次

・誰だって自分の話を聞いてくれる人は、好き。
・面接官は、聞く力をかなり見ている。
・すべてを聞いて、相手の不安を包んで溶かす。
・ディープ・リスニング6つのポイント。


恋も仕事もうまくいく!…相手が心地よく感じる「話の聞き方」#11


誰だって自分の話を聞いてくれる人は、好き。

突然ですが黒柳徹子さんの『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)を読まれたことがありますか? 出だし一番で主人公トットちゃんはADHDぎみの“問題児”とされ、小学1年生で退学になってしまいます。そして転入先のトモエ学園の校長先生 小林宗作さんとの面接のシーン。小林校長はトットちゃんに「さあ、なんでも、先生に話してごらん」と言って、4時間ずっとトットちゃんの話に耳を傾け続けます。話し終えたトットちゃんは、生まれて初めて本当に好きな人に会った気がするのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.