くらし情報『結成10年のwacci、新アルバムは“共感”がポイント?』

2019年12月10日 19:30

結成10年のwacci、新アルバムは“共感”がポイント?

(村中慧慈・Gt)

「『太陽みたいに』。もう会えなくなってしまった人のことを思いながら、自分がこう生きたいと祈るような歌で。運転しながら歌ってたらひとりで号泣してました(笑)」(横山祐介・Dr)

「『Buddy』は新しいwacciのサウンド像を提示できた。生きていたら誰でも感じる“ひとりじゃないんだ感”も共感できる」(因幡始・Piano&Key)

「『どうかしている』は、周りに馴染めずにひとりで過ごしていて、それを良しとしている面もあれば寂しい面もあって葛藤していた学生時代を思い出させられました」(小野裕基・Ba)

「女性がどう感じるか特に気になるのが、『三日月』と『足りない』という女性目線の曲。『足りない』の、“強がり”と“好き”のせめぎ合いを、わかると思ってもらえるのか。『三日月』は片思いの歌だけど不倫とも取れる。共感するかしないか教えてもらいたいです(笑)」(橋口)

結成10年のwacci、新アルバムは“共感”がポイント?

4thアルバム『Empathy』【初回生産限定盤A(CD+DVD+フォトブック)】¥4,600【初回生産限定盤B、C(共にCD+DVD)】各¥3,600【通常盤(CD)】¥3,100*すべて税込み(EPIC Records Japan)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.