くらし情報『でんでん「人間の垢のようなものを感じさせる」新作舞台の魅力とは』

2019年12月11日 20:30

でんでん「人間の垢のようなものを感じさせる」新作舞台の魅力とは

情けないほど不格好で滑稽なほど必死に生きる人々の姿を、笑いと少しの毒を交えて描く劇作家の赤堀雅秋さん。その赤堀さんの新作舞台『神の子』に出演するでんでんさん。
でんでん「人間の垢のようなものを感じさせる」新作舞台の魅力とは


「田中の哲ちゃん(哲司)から『やろうよ』って声をかけられて、一緒に芝居したら面白そうなメンツだったからいいよって答えたんだよね」

飄々とした口調でそう言って笑う。かつて赤堀さんが監督した映画『その夜の侍』に出演しており、「極端なデフォルメをせず、スケッチのように人間を描く」ところに魅力を感じているそう。そんな人々の「日常を切り取って、ちょっとドラマティックにした」物語は、「登場人物たちの汗の匂いとか、人間の垢のようなもの」を感じさせるのが面白いとも。でんでんさんはまさにそんな汗や垢にまみれて生きる市井の人を数多く演じてきている。

「人間、生きていればいろんな垢がついてくるもので、それが人生だと思うのよ。それがきれいに磨き込まれている人もいれば、カビがついたりサビがついたりしている人もいる。なかには垢を必死に隠していたのに、ある日ポロッとぼろが出てしまうこともあったり。そういうのが垣間見えるのって楽しいよね」

身近にいるいる、と思わせるリアリティにはモデルがいるそうで…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.