くらし情報『「映画に出演して当局に呼び出された」イラン人女優が明かす母国の現状』

2019年12月11日 19:00

「映画に出演して当局に呼び出された」イラン人女優が明かす母国の現状

国や文化が変われば、社会における女性の立場も大きく異なるもの。そこで、3世代の女優の人生をもとにイランが抱える“闇”に迫る注目作『ある女優の不在』をご紹介します。今回は、その背景について、主演を務めたこちらの方にお話をうかがってきました。

写真・大内香織(ベーナズ・ジャファリ)

イランの人気女優ベーナズ・ジャファリさん!

目次

・イランの人気女優ベーナズ・ジャファリさん!
・やりとりはすべて即興的に行われていた
・イランでは女優のほうが自由がある
・デジタル化によって感じている危機とは?
・テクノロジーに頼らず自分の生き方を選ぶべき
・インタビューを終えてみて……。
・観客に問いを投げかけ続ける必見作!
・ストーリー
・心をかき乱される予告編はこちら!
・作品情報
「映画に出演して当局に呼び出された」イラン人女優が明かす母国の現状


【映画、ときどき私】 vol. 280

今回、劇中では本人役として出演しているジャファリさん。自殺をほのめかす女優志望の少女から“遺言動画”を受け取ったことがきっかけとなり、本作を手がけるジャファル・パナヒ監督とともに彼女を探す旅に出るところから映画は始まります。

そこで、来日を果たしたジャファリさんに、フィクションでありながらドキュメンタリーの要素も含む本作の裏側とイランの俳優たちの知られざる現状などについて、語っていただきました。

「映画に出演して当局に呼び出された」イラン人女優が明かす母国の現状


―まずは、この作品に出演することになった経緯を教えてください。

ジャファリさんオファーを受けたのは、海外旅行から帰国して空港に到着した夜のことでした。編集の方から「パナヒ監督の映画に出ませんか?」とお電話をいただいたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.