くらし情報『要潤「まず引いてからどんどん近づく」アレの鑑賞法を力説』

2019年12月25日 18:30

要潤「まず引いてからどんどん近づく」アレの鑑賞法を力説

2020年4月から開かれる『ボストン美術館展芸術×力(げいじゅつとちから)』の記者発表会に、俳優の要潤さんが登場!世界有数のコレクションを誇るボストン美術館から来日する作品の見どころや、アートの楽しみ方について語りました。

半数以上が日本初公開!『ボストン美術館展』

目次

・半数以上が日本初公開!『ボストン美術館展』
・必見は、お殿さまの作品!
・オフィシャルサポーターは要潤さん!
・絵との距離感が大事!
・家庭の権力者は…
・東京では4月16日スタート
・Information
要潤「まず引いてからどんどん近づく」アレの鑑賞法を力説


【女子的アートナビ】vol. 169

2020年に設立150周年を迎えるアメリカのボストン美術館は、古代エジプトやアジア、ヨーロッパ、アメリカなどの古代から現代までの美術作品を収集し、50万点近いコレクションを所蔵しています。

今回の展覧会では、そんな歴史ある美術館から来日した約60点の作品を紹介。その半数以上が日本初公開です!

同展のテーマは「芸術と力」。権力を誇示するため芸術の力を利用したり、パトロンとして芸術家を支援してきた権力者たちと、芸術のもつ社会的な役割に焦点をあてながら、さまざまな作品が紹介されます。

必見は、お殿さまの作品!

来日するのは、古代エジプトのファラオ像や平安時代の貴重な絵巻、イギリスの宮廷画家ヴァン・ダイクによる肖像画など、実に多彩。

古今東西のさまざまな時代に生み出された作品が見られる展覧会ですが、今回もっとも注目されているのが増山雪斎 (ましやませっさい1754-1819)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.