くらし情報『欧米も“おひとりさま”OKに? セレブが引っ張る価値観の変化』

2019年12月30日 20:30

欧米も“おひとりさま”OKに? セレブが引っ張る価値観の変化

2020年はトレンドやエンタメ、暮らしが劇的に変わる年になるかも?進化をしっかり享受するためにも、世界の“NEXT”について知っておこう!

ライフスタイルの多様性が認められる社会へ。

“パートナーがいて当たり前”という風潮が根強い欧米社会に新風が!

目次

・ライフスタイルの多様性が認められる社会へ。
・誰でもスターになれるからこそ、“ロイヤル”に注目が集まる!


「シンガーのセレーナ・ゴメスは、ジャスティン・ビーバーと別れた後に発表した曲の中で、“今は一人でいい”という趣旨の歌詞を発表。『最初はシングルになることが怖かったけど、自分と向き合うことで強くなれた』と、後のインタビューでも話しています。アリアナ・グランデも、『元カレと別れた後に1年間シングルでいたけど、どうってことなかったわ』とコメントするなど、最近は、“パートナーがいようがいまいがどっちでもいい”というメッセージを発信するセレブが増えています。また、女優として活躍するウィロー・スミスは、合意を得たうえで複数の人と恋愛関係を持つポリアモリーを公言。マイリー・サイラスは性別に関係なくパートナーを選んでいる。結婚や恋愛の形は選択肢にあふれており、より自由になっていくはず。個が何を選ぶかを問われる時代になるでしょう」(セレブウォッチャー・さかいもゆるさん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.