くらし情報『ロック界の第一線に君臨するBUCK-TICK、超満員の年末ライヴで魅せた気高さ』

2020年1月14日 19:32

ロック界の第一線に君臨するBUCK-TICK、超満員の年末ライヴで魅せた気高さ

音楽をこよなく愛する、ライター・エディター・コラムニストのかわむらあみりです。【音楽通信】第24回目は、5人組ロックバンドのBUCK-TICK(バクチク)が、代々木体育館で開催した「THE DAY IN QUESTION 2019」ファイナル公演のライヴレポートをお届けします!

撮影:田中聖太郎、立脇卓、渡邊玲奈(田中聖太郎写真事務所)

目次

・2019年「THE DAY IN QUESTION」最終日は代々木体育館
・取材後記
・Information


2019年「THE DAY IN QUESTION」最終日は代々木体育館

ロック界の第一線に君臨するBUCK-TICK、超満員の年末ライヴで魅せた気高さ


【音楽通信】vol. 24

櫻井敦司(vo)、今井寿(g)、星野英彦(g)、樋口豊(b)、ヤガミ・トール(ds)の5人からなるBUCK-TICKは、1987年のメジャーデビュー以降、メンバーチェンジをすることなくロックシーンの第一線で活躍し続けている。気高く、不動の存在といえるBUCK-TICKは、2020年にバンド結成35年、デビュー33年。いまもなお後続するアーティストたちに多大な影響を与え、誰もがリスペクトする唯一無二のバンドへと遂げている。

そんな彼らが20年間開催し続けているのは、毎年12月29日に恒例となっている日本武道館公演。2019年は、12月3日に出身地でもある群馬県の高崎芸術劇場から、ツアー「THE DAY IN QUESTION 2019」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.